【競馬予想】 秋華賞

さっき出馬表見たけど思ったことをパラパラと。


秋華賞(京都 芝2000m)

過去のレースを見ると先行馬で穴を開けるイメージ。
逆に差しなら地力が必要かな、と。
前が簡単に止まらないのでよっぽど斬れないと届かないということか。
ま、ペースに寄るんでしょうけども。
今年はアグネスワルツが行くのかな?
そんなに早くはなさそうなので、前の馬に注目しつつ。


最重要ステップのローズSをちょっと。

3着までが4角7番手以下にいた馬(出走12頭)ということは
後ろに有利な流れだったということなのでしょう。
4番手から踏ん張ったアパパネはもちろん、
アグネスワルツ、オウケンサクラ、も前目の競馬をしており、注意が必要。


1番 レディアルバローザ

前走で初の1800経験、2000mは未経験だとさすがに買いづらい。
前でレースを進めるのは気にかかるも消し。


2番 ベストクルーズ

バタバタしながら古馬相手に1000万下を勝った前走は評価できるも
札幌1500mじゃ今回につながるとは思えない。
2歳時はなかなか見所があったけど。消し。


3番 ショウリュウムーン

オークス2番人気がここ2走でずいぶん嫌われちゃって。
いや、まだ過剰とも思いますけど。12倍じゃ。
叩き台の前走は参考外、しかも前の馬が止まらなかっただけなので
まったく気にする必要なし。
4,5番手にはつけるだろうし、枠も良い。
ただ、、、、四位なんだよなぁ。


4番 アプリコットフィズ

2番人気なので嫌いたいところだけど
嫌う材料があまり見つからず。
前につけるし、オークスの2400mで0.6秒差なら2000mなら勝負になりそう。
で、鞍上は武豊。・・・・揃いすぎてね?
うーん。平気で5着とかにいそうなんだよなぁ。


5番 サンテミリオン

実はオークスはこの馬本命でした。
アパパネ消したから複勝しか当たらなかったけど。
直行で勝ったのは1番最近でカワカミが最後か。
もちろん悪い材料ではあると思うけど、
それでアプリコットより人気を落とすなら美味しいのではないか。
底が見えてない、という良い言い方をしよう。あ、藤岡かぁ。


6番 コスモネモシン

春の実績では足りず、
前走は、これを買うなら勝ち馬を、と
買う材料が見当たらない。消し。


7番 レインボーダリア

ブライアンズタイム産駒ってまだ3歳にいたんだなぁ。
8月に入ってから4走、ここが5走目はさすがに使いすぎ。
ただ、古馬に揉まれてきた点、ブライアンズタイムファレノプシス
イメージから懐かしくて良いので100円買うかも。


8番 オウケンサクラ

脚質が安定しない馬だけど、好走してるのは前につけた時なので
秋華賞はある程度、好位につけるのじゃなかろうか。
内田も8番ならギリギリ「内パク」かな。
前走は問題なし。


9番 アグネスワルツ

強かったオークスが印象深く是非買いたい1頭。
前走の7着で人気を落としてるようなのでなおさら。
ただ、秋華賞は前に行ったほうがいいけど
逃げちゃた馬はイマイチなんだよなぁ。
ヨシトミ先生ってのも「秋華賞」に似つかわないな。


10番 アニメイトバイオ

前に流れが向いたとはいえ、しっかり勝ちきった前走は立派。
その上、そんなに人気にはなっておらず。。。
ただ、やはり前に行く馬の印を厚くしたいので連下まで。
でも、この馬って20kg減の桜花賞以外崩れてないんだよな。
その桜花賞も8着なのにコンマ4秒差だしなぁ。
強いのかも。


11番 エーシンリターンズ

桜花賞ローズSで馬券になった馬は高確率で秋華賞も馬券に絡む、
というデータをどこかで見たような。
そのどちらも3着のこの馬は非常に微妙だね。
戦跡を見ると相手なりに走る、といった感じで
今回も3着でも不思議はないが・・・買いたい馬がたくさんいるので微妙。消すか。


12番 アンティフリーズ

距離が。消し。


13番 ディアアレトゥーサ

コスモネモシンよりは買いたいけど、前走以外に買いたい材料なし。
今回は粒揃い。困った。消し。


14番 タガノエリザベート

スペシャルウィーク産駒頑張れ。消し。


15番 アパパネ

24kg増の前走は何の問題もない。
1度叩いて3冠制覇へ。
・・・・脚を余して前にいる何かを残すんじゃないべか。


16番 クラックシード

4戦目で紫苑S2着は立派。
馬体重もしっかり増えていたし、紫苑S組ではこの馬だけ買おう。
素質十分。ただ、枠がなぁ。


17番 ワイルドラズベリー

ローズSを見る限り、斬れますね。かなり。
ただ、秋華賞ってそういうドンと斬れる馬よりはもっとドロくさい馬のが
来るイメージがあるのよねぇ。
その末脚を活かす舞台はここではないと思うので消し。


18番 プリンセスメモリー 消し



うーん、9頭も残ってしまった。

1番買いたい→アグネスワルツ
次に買いたい→サンテミリオン
買わざるを得ない→アパパネ
消極的に買わざるを得ない→アプリコットフィズ
できれば買いたくない→ショウリュウムーンレインボーダリア
なんか気になる→オウケンサクラアニメイトバイオ
応援→クラックシード

といった感じ。


結論。

◎アグネスワルツ
サンテミリオン
アパパネ
オウケンサクラアニメイトバイオ・クラックシード


買い目(自信度15%)

三連複 ◎−○▲△△△ 10点 各100円
三連単 ◎→○→▲ 100円
馬連  ◎−○ 800円
馬連  ◎−▲ 500円
馬連  ◎−△ 各200円


三連単当たってビビりたい。

猛省。

イイデソユーズ、6番人気9着て。
ノーセンスすぎる。
 
ぐっ!ばっかもーんっ!
自分の馬の見る目の無さに辟易しますね。
なんでこんなに??と思ってよく見たら前走は牝馬限定だった、とか知らねぇよ!ちゃんと見ろよ、俺!
 
 
最近、日々の細かい無駄遣いがヒドいのを直そうと
ポチポチと財布からお金を出す度に使い道をメモってたんですが
その甲斐あって、というか、微妙に
「いや、この惣菜は要らないな」とか
「ビールを1本減らすか」とか
浪費を減らしてきたというのに、いきなりの5400円。
なにこれ、交通事故?
もうビールとかケース買いすべきだったね!
 
 
というわけで、問題なのは過ぎたことよりこれからのこと。
ある程度の穴狙いである以上、1発目から当たるなんて思っちゃいない(いや、そりゃ当たると思うから買ってるんだけど)
2発、3発と弾を撃って命中すれば、こっちのもん。
 
しかし、、、、、当たるのか?
3年当たってないのに3発くらいで当たるはずがっ!ぐっ!
 
 
 
やめっかなー。
 
たぶん、週末、出馬表見たら決意揺らぐ気がしますけど。

イイデソユーズ

3年くらいボウズの俺が通りますよー。
 
今年は当てたる!平場も手を出したる!と
出馬表を見渡してみたものの
今週買いたいのは土曜京都6R・ダ1400mの14番イイデソユーズだけ。
 
前走も同じコースでハナを切って前半600m35.1で飛ばしたものの最後は力尽きてコンマ1秒差の3着。
今回は何がなんでも前へ、という馬もたいしておらず
これで単勝10.8倍の6番人気ならイケるんじゃないの、という話。
3連複の軸で。複勝2番人気になってるところを見ると皆さん同じ頭か。
 
14−6,12,13−総流し、の3連複のみ。
若干の強弱をつけて36点計5,400円購入。
福永3着でいいから何か変なの1頭だけ連れてきて!!

有馬記念

1枠1番 カワカミプリンセス
さすがにピークを過ぎた感があるような。
牝馬限定戦で2着、2着じゃちょっと手を出しづらいか。
ただ、近2走は勝ち馬とはキレ味勝負で負けたと思うので有馬記念のような持続力勝負のレースになればもうちょっとやれるかも。中山コース初ってのは意外な気がするけど、適正はあると思う。
それにしても、あの2頭が出てくるまでは最強牝馬と呼ばれていたわりに、なんだかんだ言って牡馬混合の重賞で連対したことがないという事実があるので、中途半端な人気が残っているようなら要らないか。現在の能力より大きいものが皆の頭の中に残っているのだろうなぁ。


2枠2番 ベンチャーナイン
お、大先生のおかげで1頭減った。


3枠3番 コスモバルク

ここで勝ったら松岡神すぎる。


3枠4番 エアジパング

絶対的なスピード能力が足りないと思うものの、中山は2戦2勝。1000万条件とはいえ、同じ条件でも勝ってる。
初のG1だが、この馬が1番向いてるG1は有馬に思える。
脚質的にはマツリダと同じなので潰されてしまうか、もしくは案外・・・・
あれ、なんか書いてたら買いたくなってきた。


4枠5番 フローテーション

スペシャルウィークを全力で応援してた身としては、グラスやキングヘイロー、ましてやエルコンよりは全然買いたい。
中山よりは広いコース向きな気がするが、ガチンコの能力勝負では見劣るこの舞台、中山の方が小技でどうにか着を拾えるのか。ベタだけどルメール先生に期待。


4枠6番 エアシェイディ

去年の勝ち馬のような馬を探すなら今年はコイツだと思う。
AJCCを勝ち、歴史的な秋天で差のない競馬。
それでも5着だったことが煙幕となってそこまで人気にはなっていないSS産駒。
オールカマーを見るとマツリダを逆転することは厳しいように思えるが、休み明けということと向こうが札幌記念を1度叩いてた、ということでどうにかお願いできないだろうか(すでに願望だ)
あ、エアデジャヴーけっこう好きだったし。


5枠7番 アルナスライン

アルゼンチンの時は、こっちが58kgでも1番人気だったのにスクリーンヒーローとはずいぶん水を開けられてしまったなぁ。
この馬も広い競馬場向きな気がする。中山は1回しか使ってないから(京成杯3着)まだなんとも言えないけど。
ペリエマジックは・・・・ないだろ。理由もないけどピンとこないので。


5枠8番 スクリーンヒーロー

まず大前提として、前走大駆けした馬を人気の上がる次走で買いたくない、という自分の考えがある。
今回買いに行って、それでボロ負けされた日には、買った自分がどう見てもノーセンスとしか言えなくなるつらさがあるからで。
よって、週の始まった時点では、とくに考えもせず、バッサリの予定だったんだけれども、いろいろ見てみると案外悪くない。
JC、アルゼンチンを勝ったんだから府中専用と思いきや、中山では人気より着順を落としたことがない。中山2200のセントライト記念で14人気3着というのも非根幹距離の舞台で、能力を超えた中山適正で3着までこれた、と見ることができるのではなかろうか。父グラスも良いだろう。
そういったことから、有馬がJCより向いた場合、、、、、圧勝?
ただ、このJCが「マツリダが4着に来れるようなJC」だったことがすごい重要で、たしかにペースが緩んで直線勝負だったように見えるんだけど、マツリダが今年になって地力強化しているとは考えていないので、「中山適正が問われるJC」だった可能性もあるよ、と。
ただ、そうなるとやっぱり有馬でもスクリーンヒーローのほうが先着しちゃうよな。人気を考えると買いたくないのに、悩めば悩むほど買いたくなる馬。
ただ、調教師のインタビューを聞くと、状態はやはりJC以上というのはあり得ないそうで、なるべくJCに近づける、近づいてきている、んだとか。もう、分かんねぇよ、全然分からん。だから買う!


6枠9番 メイショウサムソン

全盛期の迫力が影を潜めている上に、やはり冬がダメなんでしょう。負ける理由が見つからなかった去年で勝てなかった時点で今年の有馬はチャンス薄いでしょう。


6枠10番 マツリダゴッホ

オールカマーはさすがに負けただろうというキツキツの競馬。しかし、力技で無理やりねじ伏せた。この時に、JCがボロ負けだろうと有馬では1番人気で当然、と思っていたがフタを開ければ2番人気。
とにかく中山は強い。しかし、JC4着に疑問が生じた。
スクリーンヒーローの項で書いたけど、一体なんだったのか。そこが分からないと今年の有馬は当たらない気がする。
ただ、やはり去年とは人気が違いすぎるわけで、この人気で去年と同じことをするのはそんなに容易いことではないはず。でも、みんなが分かっててもどうにもできない強さもあるんだよなぁ、この馬の中山は。
でも、枠はもっと内がよかったね。


7枠11番 ドリームジャーニー

秋天安田記念も10着なのは逆に府中適正無いことの証明みたいで全然良い。
小回りコースもこなして中山の成績も悪くない。
追い込み馬で腹を決めた時の池添に一発があるのも分かる。
それでも食指が動かないのは、有馬記念というレースでは、他より力が数段上じゃないと大外から飛んでこれないだろう、という自分の持つイメージのせいなんだろう。
2歳チャンプが有馬というとグラス、ナリブーレベルだし、そこまでのスケールとは思えない。飛んできて4,5着がいっぱいじゃなかろうか。


7枠12番 アサクサキングス

菊花賞勝利、ダービー2着から、この馬もやはり広い競馬場向き、とあっさり片付けれないのが、大阪杯ダイワスカーレットとコンマ2秒差の3着。この馬自体、5ヶ月の休み明けで見せたパフォーマンスは不気味。
しかし、ジョッキーが四位である以上、自分は買うわけにはいかぬ、さよなら!


8枠13番 ダイワスカーレット

去年は5番人気で挑戦者の逃げ。後方のウォッカやサムソンにマークが集まっていた。
今年は女王として1番人気を背負い、マークされる逃げ。おまけに2番人気もマツリダでどっちにしろ全体の注意は前に向く。厳しいでしょう。
スカーレットブーケ、SS産駒の兄、ダイワメジャーを見ても本質はマイラーのはず。
有馬はマイラーでも来れるレースではあるが、それでも頭はない・・・・はず。
あって3着、連対記録もここで潰えると見るが、はたして。


8枠14番 アドマイヤモナーク

自分がG1ジョッキーやってて、この川田の立場なら泣く。



結論
 
エアシェイディ
スクリーンヒーロー
マツリダゴッホ
エアジパングフローテーション
×カワカミ・アルナス(100円買うレベル)
 
馬券の買い方は今から悩みます。
今年は真剣に考えたし、当てるぞ!

 

盛岡のマンガ喫茶より

家じゃないので手短に。
日記というより競馬場で買うときに自分で見るメモ用ということで。

菊花賞はHペース前提です。


1番オペラシチー
前走はSペースで負け。→良い
古馬との1000万下2000m勝利→良い
オペラハウス→良い

2番カンパニー
柴原が不安すぎ。
2000m以上の経験がない

3番グレイトジャーニー
前走の神戸新聞杯はSペースで逃げて負け。
見所なしのように思われるが、去年のザッツもこんな感じ。→良い
オッズほど弱くはなさそう。

4番スズカマンボ
前走はSペースで勝ち→悪い
古馬とのG3、芝2000mで勝利→良い
京都新聞杯2着→良い
ちょっと脚が切れすぎる→悪い

5番ホオキパ
前走はHペースで強い競馬→良い
横典→良い
ただちょっと人気になりすぎ

6番シルクディレクター
前走は古馬1000万下で1600m勝利→微妙
マヤノトップガンは魅力だが1800mまでしか使ったことがない→悪い

7番エーピースピリット
ダート馬

8番ケイアイガード
前走はSペースで2着→悪い
Sペースに強いタイプ?

9番トゥルーリーズン
能力的にちょっと物足りない

10番ハーツクライ
前走はSペースで強い競馬→悪い
ダービーは展開の利で2着→悪い

11番ストラタジェム
能力が足りない

12番ブルートルネード
能力が足りない

13番コスモステージ
小池じゃ

14番ハイアーゲーム
右回り→悪い
ダービーではキンカメに競りかける強い競馬→良い
蛯名→良い
血統的→良い
前走は身体が全く仕上がっていないので参考外→良い

15番コスモバルク
気性が。

16番ブラックコンドル
前走は7ヶ月の休み明けでいきなり朝日CC5着。
1度たたいて面白い。
オッズ100倍なので少し買い。

17番モエレエルコンドル
前々走500万下とはいえ、古馬との芝2000mで勝利。
ブラックコンドルと同じく少し買い。

18番デルタブルース
古馬と1000万下で芝2500mで勝利。→良い
長距離適正抜群



オペラシチー
ハイアーゲーム
デルタブルース
スズカマンボ・ホオキパ
×ブラック・モエレ・グレイト


×は100円ずつ単勝を買う程度で。
印を打っている馬がワンツーを決める自信はちょっとないので
オペラとハイアーの単勝でいこうかと考え中。
ハイアーゲームでもけっこうつくんだよなぁ。。。

スプリンターズS予想

競馬予想TV見たけど、特に予想変わらず。

サニングデール
キーンランドスワン
カルストンライトオ
シーイズトウショウ
カフェボストニアン
ゴールデンキャスト


ゴールデンキャストは限りなくシロに近い△で。思ったよりオッズがついてるので、これなら保険かけといてもいいかなぁ、くらいの感じ。◎サニングデールにはかなりの自信があるので(というかサニングだけ)、どれどれ複勝はどれくらいつくのかしら。。。と見てみたら複勝デュランダルより売れてるのな、皆さん分かってらっしゃることで。


ほとんど馬連馬単で買う予定ですが、サニング→カルストン→キーンだけは三連単でチラッとお楽しみ馬券も買います。なんか2001年のトロットスターメジロダーリングダイタクヤマトの年に高速馬場とか似てる気がするので。

スプリンターズS展望

七夕賞メイショウキオウヤマノブリザードチアズブライトリーのBOX馬券に全て注ぎ込み、しっかり散ってPAT残高を10円に減らした後は入金することなく静観しておりましたが、やっとやってきたG1シーズンということで口座に入金も済ませギャロップも買い、やる気マンマンであります。

1枠1番 デュランダル
恐らくこの馬とサニングデールが1,2番人気で次いでゴールデンキャストという人気順になるんではないかと思ってるんですが、人気するくせに今回の馬場に対して脚質が厳しすぎる(オッズが美味しくない)ので、1着にはとてもとても取る気がしない。今年と去年とタイムを比較すると袖ケ浦特別(芝1200m・1000万下)が去年は1分8秒6、今年は1分7秒4。開催日が1日ずれてるものの(今年のが早い)、1000万条件でこのタイムではG1で最低でも1分7秒フラットは出るだろうから、デュランダルが上がり33秒の驚異的な脚を使えたとしてもテンの600mを34秒で走らなければこの時計は出ない。そして今までデュランダルが上がり33秒前半の脚を使ってきたレース(3レース)を見てみると、いずれもテンは34秒後半の追走をしている。ということは時計勝負では惨敗もあり得る、と。3着ならありそうだけども三連単に手を出す気はないのでそうなると要らないかな。来たらしょうがない(と言い続けてG1で3回ヤラれっぱなし)
1枠2番 シルヴァーゼット
前走のファルコンS、3走前のマーガレットSとも中身の濃い競馬をしていて良いと思うんですが、古馬と初対戦ということを考えるとこれからの馬かな、と。3歳馬が奮闘するシーンは考えてないので、この馬に限らず3歳馬の評価は今回は低めで。
2枠3番 サニングデール
普通すぎる予想で恐縮だけども、この馬が普通に1番強いんじゃなかろうか。前走は59kg・休み明けという条件、さらに展開不向きの中を3着に突っ込んでくる地力は人気でも買わざるを得ないかなという気がします。というか、現時点での本命。この枠も、内で脚を溜めた高松宮記念と同じ枠だしベター。
2枠4番 ナムラビッグタイム
この馬の馬券には興味は無いけれど、展開の鍵を握る馬なので、そこには大いに興味アリ。隣のカルストンに対して江田がどうするのか。個人的にはあまり競らないで欲しいとこ(あまり突っつくと無理やりデュランダルの出番がきそう) いや、待てよ、ダイタクヤマトを持ってきた江田照先生ならあるいは・・・・いやいやいや!(必死)
3枠5番 カルストンライトオ
ネットや新聞などでも、穴党からかなり高い支持を得ていて「穴人気」を超えそうな勢いだったのでできれば評価したくなかったけど、内容を調べてみると、皆様が支持するだけの内容の濃いレースをしていて微妙な気持ちに。2走前の函館SSもいいけど、更に3走前のバーデンバーデンCが良すぎる。今回のスプリンターズSはこのバーデンバーデンCのイメージと重なる部分があるのだけれど・・・・(その割にはワンダーシアトルを評価してないんだけど。ヒント:北村)
3枠6番 アシュダウンエクスプレス
外国馬は基本的に好きじゃないなんで(馬がどうこう、じゃなくて次で取り返せない馬の馬券はちょっと)、3頭の中で1番オッズのつくのだけ少し入れる程度にしようかと。
4枠7番 カフェボストニアン
高松宮では本命に推して見事に散ったんですが、その評価はあまり落ちていなく今回もこっそり狙う予定。前走の着順と高松宮11着の成績から人気を落とすと思うけど、能力的にそんなに大きな差はないと思う。思い続ける。
4枠8番 タマモホットプレイ
斤量50kgのハンデ戦で勝った成績はここでは。これからの馬なので。
5枠9番 ゴールデンキャスト
俺が競馬を見てない間に脚質変更したようで「人気先行・追込不発のゴルキャ」からは成長した模様。が、見事なまでキレイに大外を引いたときのみ良い結果を残しており、揉まれる競馬は全然ダメなのか。で、今回の枠は微妙だけどもある程度揉まれると思うのでサヨウナラで。
5枠10番 ワンダーシアトル
北村じゃなければ。。。
6枠11番 フェアジャグ
外国馬h(略)
6枠12番 ケープオブグッドホープ
外k(略)
7枠13番 シーイズトウショウ
函館SSは時計のかかる馬場だったのは気になるものの、終いも上手くまとめていていいレースをしたのではないか、と。ただ、この馬はなんとなく以前追いかけ続けたテンシノキセキに雰囲気が似てるような印象があるので、G1を勝つにはワンパンチ足りないのかもしれない。相手には取れる、、、かなぁ。キセキの分までまとめて返してくれれば嬉しいんだけど。
7枠14番 キーンランドスワン
理想的なローテーション、ひと叩きには十分な前走内容、とケチをつける所があまり見当たらない。言われてるほど、坂がダメだとも思わないんだよなぁ。これが対抗かな。もうちょっとヒネらないと◎サニングだとつかないんだけれども。
8枠15番 シルキーラグーン
実力が今一歩とか何とか言う前にわかりやすくヨシトミ大先生が乗ってくださることになったので大船に乗ったつもりでおります。良かった良かった。ヨシトミ先生ー!マンセー
8枠16番 ウインラディウス
距離適性がマイルだと思ってるので、ここでは買いません。あと、東京コースがどう見ても向いてるでしょ、この馬は。


というわけで現時点での印象はこんな感じです。これを元に土曜夜の「競馬予想TV」を見て唸りながら頭をフル回転させようかと。


追記:土曜昼の時点でカルストン8.5倍の4番人気。ええー。これから動くと思うけど、このままいったら妙味は無いですなぁ。思ったよりゴルキャとキーンが売れてない感じ。